草円ブログ

囲炉裏がある、山里情緒溢れる福地温泉の旅館

  • トップページ
  • 草円の魅力
  • 温泉
  • お料理
  • お部屋
  • 館内施設
  • 過ごし方
  • 観光案内
  • アクセス
  • プランから選ぶ
  • カレンダーから選ぶ
  • 客室から選ぶ
  • ご予約の確認・キャンセル

「2009年」の記事一覧

今週は舎湯(やどりゆ)当番です!

舎湯とは福地温泉に宿泊している宿泊者専用の休憩所です。
奥飛騨福地温泉やどりゆ
 舎湯(やどりゆ)の中には、大きな囲炉裏の間と奥のほうに眺めのいい足湯があります。福地温泉にお泊りのお客様なら誰でもご利用可能です。(他の温泉地にお泊りのお客様や休憩のみのご利用はできません。ご理解とご協力をお願い致します。)
 ご利用時間
朝9時より夜9時30分までの毎日
通年ご利用可能 休みは基本的にありません。

福地温泉聞いたことありません。どんな温泉地ですか?

奥飛騨温泉郷に5つある温泉地の中で一番小さな温泉地です。
ここ福地温泉には、平安時代に村上天皇が療養されたと云われる温泉がありました。しかし、40年ほど前は、湯治場ではなく、山間の林業を中心とした小さな集落でした。
福地温泉全景
 場所は、国道471号線から回り道するように平湯川を渡ったところにあり国道からは見えません。
それゆえ、奥飛騨のどの温泉地よりも車通りが少なく、奥飛騨へ来たことがある方でもほとんどの方が素通りしてしまうようなところで、その地形ゆえに時代に取り残されたような温泉地で、明治時代に建った古い民家が沢山残っています。
 奥飛騨温泉郷の中でも、他の4つの温泉地に比べ、温泉街からは余分な建物が見えません。宿の数は僅か13軒。静かでのんびりできるところです。
舎湯と囲炉裏
 今では、歴史を刻み厳しい風雪に耐えてきた古民家やその囲炉裏を温泉地全体で大切にし、便利な生活と引き換えに置き去りにしてきた豊かな自然と昔流れていたであろう本来の時間を取り戻していただける温泉地となっています。
 とりわけ、奥飛騨温泉郷の中でも、古民家と囲炉裏の里として知られ、昔の奥飛騨の面影を残す唯一の温泉地となっています。

福地温泉にしかない 「もらい湯」とは湯めぐりですか?

 福地温泉が奥飛騨温泉郷(平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高)の中で最も特徴的なことは、
【もらい湯】に代表される温泉地全体で、お客様を御もてなししようとしているところです。
もらい湯手形
注 昔話の里は平成22年4月まで冬期休業 ここ福地温泉は小さなお宿が多く、何もない温泉地なので、お宿にお泊まりいただいたお客様に何か一つでも御もてなしできないか、という思いから 【もらい湯】を始めました。
 散歩がてら、ふらっと外のお湯につかりにお出かけいただきたいと思います。
 一軒だけのもらい湯・・・
湯めぐりのように数軒入れるといいですね・・・とよく言われます。それもいいかもしれません。
ただ、湯めぐりとなるとどうしても慌ただしくなってしまいます。福地温泉では、のんびりゆったりとした空気を大切にしたいと思いますのです。ご理解頂きますようお願い申し上げます。
 【もらい湯】のご利用時間以外に、一つだけ決めたお願いがあります。
それは、浴衣でお出かけをお願いしています。
浴衣の似合う温泉地を目指しています。浴衣姿で、下駄を鳴らしてカランコロン・・・福地温泉の中をお客様に浴衣を着て歩いていただきたいのです。ご協力をお願い申し上げます。
福地温泉地図
もらい湯のご利用にあたって
●もらい湯は、お宿の浴衣を着用になり、徒歩でご利用いただくことがルールとなっています。
 (急な坂道の多い温泉地ですが、お車を利用されると利用される宿に迷惑を掛けることになりますのでご遠慮いただいております。不都合な方は、なるべく近くのお宿をご利用ください。)
●タオルをご持参ください。
●飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
●1泊補助手形一葉一湯となっています。(お1人様1宿限り)
●もらい湯手形を忘れた方は、ご面倒でも再来をお願いします。
 (必ず、手形をお持ちください。重ねてお願い申し上げます。)
●マナーを守って楽しくご入浴ください。
もらい湯 ご利用時間
15:00チェックイン  16:00チェックアウト
18:00チェックイン  21:00チェックアウト
何れの場合も、チェックアウト時間の15分前までにはご入館ください。
どうか、限られたお時間ですが、日常からはなれてごゆっくりご滞在下さい。
奥飛騨温泉郷 福地温泉 山里のいおり草円

平湯川の澄んだ空気と森の湯

自然との一体感が魅力の森の湯08年6月にできました
福地温泉渓流の森の湯1
釜湯高原川沿いにある亜鉛鉱山。神岡鉱山で使われていた釜を利用しています。肉厚の釜は、天然温泉の熱を貯めて、遠赤外線効果で温まりま~す。釜湯にはいると、まるで釜炊き御飯のお米になったような気分です。
福地温泉川沿いの森の湯2
岩湯河原の自然石を使った岩湯。川との一体感や木々の木漏れ日、凛と輝く星空を見上げます。
自分が宇宙人だと実感(!?)できるお風呂です。
この二つのお風呂を、総称して「森の湯」と言っています。
申し訳ありませんが、

○山里のいおり草円のお風呂で、宿泊しているお客様しかご利用できません。
○福地温泉にご宿泊で、「もらい湯」でお越しのお客様も、ご利用いただけません。
○立地と環境保全のため、トイレを設置しておりません。
 必ず、館内のトイレをご利用してお出かけください。
○館内から外に出て、約50m弱です。徒歩にして約80歩位でしょうか。

是非、一度お試しください。
奥飛騨温泉郷 福地温泉 in 飛騨高山
山里のいおり 草円

お客様の声

あと少しで11月も終わり今年もあとひと月、一降りごとに雨が山を白くし、間もなくこのあたりも雪に覆われることでしょう。
最近いただいたお客様の声より、いくつかご意見を紹介させていただきます。
名称未設定-z.jpg
高山市街から当館にお越しいただくまで、信号などの目印も殆どないため、道を間違えてもしばらく気づかない方もみえます。特に日の暮れるのも早いこれからの時期は、お客様に早めのご到着をお願いしております。道中ご心配な方はどうぞお気軽にご連絡ください。
名称未設定-p.jpg
大変あたたかいご感想、並びに貴重なご意見本当にありがとうございます。一つずつ皆様にいただいたご意見が、他のお客様のご満足にもつながってゆきます。できることから、さらに喜んでいただけますよう改善したいと思っています。
名称未設定-k.jpg
ご利用ありがとうございます。ご指摘いただいたように水はけが悪いと足もとが汚れてしまいます。改善できるよう参考にさせていただきます。なお、これからの時期は貸し切り風呂、森の湯までの道は融雪で雪を溶かしておりますのでご安心ください。またのお越し心よりお待ち申し上げます。ありがとうございました

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ